自閉症 症状 小学生

自閉症の小学生!その症状とは?

 自閉症の小学生には、どのような症状が現れるのでしょうか。

 

 自閉症という障害は、染色体異常からと原因不明の発症があります。

 

 小学生の症状として有名な異常行動は、周りと同じ行動がとれないことです。
 小学生の頃は、集団生活を主に学習させる時期です。

 

スポンサーリンク

 

 しかし、自閉症の症状から集団の中で長時間我慢させておくことは本人にとってとても辛いことになるのです。

 

 知的障害には入りませんが一つの事に対して夢中になると周りの意見が理解出来なくなることが特徴的な疾患です。
 子供同士で友達になりたくて健康な子供が話しかけたとき丁度夢中になっていた出来事が中断されます。

 

 自閉症の子供にとってこの時は無意識に反発する行為を取りやすくなるのです。
 この行動はその子により違いがあるのですが健康な子供にとっては驚くことが多いものです。

 

 異常行動と取られやすい行動を取ってしまうのです。
 周りの子供に対して刺激を与えないように説明をする必要があるのです。

 

 自閉症の子供の場合は、その子なりの世界をもっています。
 平たく言うと現実社会にいながら夢の中の世界にいる状態でもあるのです。

 

スポンサーリンク

 

 小学生の症状で多いのは集中力の偏りです。
 一つの事に対しては長けているのでこの能力を伸ばしてあげることが今後の生活に良い影響があるのです。
 普通に過ごしている時は健康な子供と変わりがあまりないのです。

 

 おとなしい学童としか見えないことが多いのです。
 人間関係を作る方法が苦手です。
 その理由に感情のコントロールをする脳の機能が上手く働かない時があるからです。

 

 逆に興味のあることに対しては人並み以上の能力を発揮します。
 すると驚くような作品が出来上がります。

 

 ですが焦らせてしまうと刺激を与えてしまうのです。
 すると何もできなくなることがあります。
 上手く特徴をつかんで接していくと健康な子供と同じ様に生活出来ます。

 

 次の記事はこちらです。
 自閉症の女の子にはどんな特徴がある?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。