自閉症 女の子 確率

女の子で自閉症を発症する確率はどれくらい?

 

 女の子ので自閉症は、どのくらいの確率で発症するのでしょうか。

 

 日本における自閉症の割合は、知的障害がない軽度なタイプも含めると50人に1人程度と言われています。

 

スポンサーリンク

 

 自閉症の確率は、男女で異なり、男の子と女の子を比べた場合には、4対1の割合で女の子の方が少なくなります。

 

 さらに、高機能自閉症では、8対1程度の割合となり、その差は非常に顕著です。

 

 全ての子供の中で自閉症を発症する確率は、50人に1人であることを考えると、2%程度ということが言えます。

 

 これを女の子だけに限った場合には、200人に1人という事になり、それほど高い確率であるとは言えません。

 

 男女差が発生する理由としては、様々な理由があると言われていますが、確定的なことは分かってはいません。

 

 分かっていることは、統計的にみると、男の子のほうが発症することの多い障害であるということだけです。

 

スポンサーリンク

 

 自閉症は、後天的な障がいではなく、先天的な障害です。

 

 遺伝子情報伝達のミスによって起こる障がいであり、その原因の一つとして、母親と父親の生殖機能の低下が考えられます。

 

 最近の傾向として、高齢出産の割合が多くなっているということが言えます。
 それだけが影響があるというわけではありませんが、高齢出産と障害との関係は否定することが出来ないと言われています。

 

 高齢出産をした場合、生まれてくる子供に障害がある確率がそうでない場合に比べると高くなると言われています。
 高齢出産を否定することは出来ませんが、様々なリスクがあるということを理解する必要があります。

 

 障害の確率を減らすために行うべきこととしては、喫煙や受動喫煙を避ける、アルコールの日常的な摂取を避ける、化学薬品の使用を控えるということがあります。

 

 次の記事はこちらです。
 自閉症の人には絵の才能があるのか?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。