自閉症 重度 特徴 症状

重度の自閉症にはどんな特徴や症状がある?

 重度の自閉症の人には、どのような特徴や症状があるのでしょうか。

 

 自閉症で現れる特徴や症状は、実の所症状の程度によって変わってきます。

 

 比較的軽度の障害の場合には、身の回りのことは基本的に自分で行なうことが可能です。

 

スポンサーリンク

 

 言葉を話す能力にやや問題が見られることがありますが、スローペースで成長していくことが出来ます。

 

 やや重度が高くなると、食事やトイレといった日常的な行動が限定的になるのが特徴です。

 

 最も重度が高い場合は、家庭での生活も時に困難になります。

 

 重度の高い自閉症は、知能の発達が極端に遅れるのが特徴です。

 

 そのため外見と行動が一致しないのが一般的で、様々な療法で生活を送れるようにサポートしていきます。

 

 トイレやお風呂、食事といった身近な面から忍耐強く教えていくことが一つのアプローチ法です。

 

 重度の高い自閉症の場合、状態によっては寝たきりとなってしまうケースもあります。

 

スポンサーリンク

 

 自閉症が疑われる時には、現在様々なテストが用意されています。

 

 こういったテストでは、この障害に特徴的な幾つかの要因をチェックリストを用いて調べていくのが常です。

 

 簡単な質問に答えるだけで、大まかな状態を把握することが出来ます。

 

 重度の軽い場合には一見自閉症に見えないこともあるため、このようなテストは正確な状態把握にも役立つツールです。

 

 一般的にこの障害は3才位までの間に、何らかの兆候が現れてくると言われています。

 

 重症なケースであれば比較的診断は容易ですが、徐々に症状が現れる場合には発見が遅れてしまうことがあるのが問題です。

 

 ですので、特に乳幼児の時期には子供の成長段階を常に見守る姿勢が親には求められます。

 

 万が一障害があることが分かっても、症状が軽い場合には将来の点でも悲観することはないのが最近の状況です。

 

 次の記事はこちらです。
 自閉症者のパニックとその原因や対処法について

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。