知的障害 自閉症 合併 原因

知的障害と自閉症の合併とその原因について

 知的障害と自閉症は、合併することが多いのでしょうか。
 その原因にには、どのようなことがあるのでしょうか。

 

 知的障害と自閉症は合併している事が多く、発達障害の一種と考えられています。

 

スポンサーリンク

 

 知的障害と自閉症では症状が似通った部分も多く見られ、自閉症と合併した知的障害では症状が顕著な場合に障害者として認定を受ける事ができます。

 

 知的障害はIQテストで判断されますが、その原因については約8割方は原因不明です。
 自閉症の原因とされているのは先天性の脳機能障害です。

 

 また、この合併症に関連のある症状として上げられるのは、アスペルガー症候群やトゥレット症候群などで、これらを纏めて広汎性発達障害と呼びます。
 注意欠陥多動性障害などもこうした発達障害の一つで、やはり原因は先天的な脳の機能障害なのです。

 

 この為、基本的に現代医療では治療方法が無く、一生付き合って行かなければならない脳の障害です。

 

 こうした先天性脳機能障害は、先天性である為に症状が幼少期から現れ始め、そうした子を持つ親はこの段階で一生の覚悟を決めなければなりません。

 

スポンサーリンク

 

 先天性脳機能障害との付き合い方は非常に難しく、また根本的な解決の手段が無い為、本人よりもその周囲の身近な人間が多くのストレスを抱える事になります。 
 これは口で言うほど容易い物ではなく、一時覚悟を決めたつもりになっていても、生じたストレスによって考え方が変化して行き、やがては他人や患者自身を傷付けてしまう危険性もあるのです。

 

 そうした問題を避ける手段は極めて限られているのが事実です。
 先天性故に後戻りも出来ず、覚悟が強要されてしまうからです。

 

 特に、患者の親となる人間はそうしたストレスから徐々に思い詰めるようになり、何時しか心の病に取り付かれてしまう事も珍しくありません。
 ですから、最も重要なのは、如何にして周囲の人間が先天性能機能障害の子供と親を正しく認知し、適切な知識と行動を以って支えられるかです。

 

 これもまた容易な事ではありませんが、それが無くては生きて行く事が出来ない人もいるのだという認識を常日頃から持つよう心掛けましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 自閉症児の親には特徴がある?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。