自閉症 親 特徴

自閉症児の親には特徴がある?

 自閉症児の親には特徴があるのでしょうか。

 

 自閉症の子供は、様々な場面で他人とのコミュニケーションがとりにくいという問題があります。
 一般的に他人への関心が低く、興味を示さないことがこのような行動の一因です。

 

スポンサーリンク

 

 自閉症は多くの場合、脳の機能に何らかの原因があるとされています。
 遺伝子の異常が関係していることも指摘されており、親からの影響が少なからず関わっているというのが最近の説です。

 

 概して親に精神的な疾患があると、子供の自閉症は増えるとされています。
 統合失調症を始めとする精神疾患との関係が最近は話題です。

 

 また、出生時の父親の年齢が40才以上の場合には、発症のリスクが高くなるという説もあります。
 欧米において自閉症の子供を持つ親の一つの特徴として挙げられているのが、理系の専門職に従事していることです。

 

 特に技術的な仕事をしている場合には、他の職業に比べて発症率が高くなるという説が浮上しています。

 

スポンサーリンク

 

 自閉症の大きな特徴の一つが、規則性への異常なこだわりです。
 このような傾向は、物の並べ方や時間の感覚などに現れることが多く、日常生活の中でも様々な問題を引き起こすことがあります。
 また、想定外の状況にも対応がしにくく、時に本人がパニック状態に陥ってしまうことがあるのが問題です。

 

 この病気は現在治療することが難しく、相応の対処やケアで対応していくことになります。
 病気の確定診断がされていない場合にも、この手の傾向を持つ子供や成人は実際かなりの数にのぼるとされています。

 

 健常者との境界に位置するケースも多く、調査の仕方によっては膨大な患者数が見込まれるのが最近の状況です。
 他の精神疾患や脳の病気との区別も重要な課題であり、今後も慎重な診断が求められます。
 海外でも盛んに研究が続けられているのがこの障害です。

 

 次の記事はこちらです。
 自閉症児の親にどんなストレスがある?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。