赤ちゃん 自閉症 確率

赤ちゃんに自閉症が発生する確率は?

 赤ちゃんに自閉症が発症する確率は、現在の所検査によって調べることは不可能です。
 この障害には、遺伝的な要因が何らかの形で関わっているとされています。

 

 従って、自閉症や精神疾患に罹患している身近な家族がいる場合には、若干確率が上がるというのが一般的な考え方です。

 

スポンサーリンク

 

 特定の遺伝子が発症の引き金となっていれば、このような家族や親族間の遺伝も起こり得ます。
 日本においては、こういった遺伝子の検査は行われていないのが現状です。

 

 従って、事前に生まれてくる赤ちゃんが、将来自閉症になる確率を把握するのが極めて難しいと言えます。
 昨今では高齢出産との関係も指摘されていますが、実際のところ関係性は曖昧です。

 

 男女比では男の子の方が発症する確率が高いと言えます。
 ですが、実際には女の子の自閉症も少なくなく、現実の状況は予測不可能なのが常です。

 

スポンサーリンク

 

 自閉症は近年特に目立ってきた子供の障害の一つです。
 以前は障害の認識も余りされておらず、情報量も圧倒的に不足していました。

 

 現在では様々な書籍やインターネットからの情報によって、素人でも専門的な知識をある程度得ることが可能です。

 

 障害を支援する団体や社会的な活動も盛んになり、家庭での育児や症状などについて相談出来る施設も増え始めています。
 赤ちゃんがこういった障害を持っていると、通常の子供のように母親に親しみや愛情を示すことがないのが一般的です。
 そのため、親は時に戸惑うことになります。

 

 こういった場合赤ちゃんは一種の恐怖状態にあることが多く、親しみや愛情を持てる対象が認識出来ていないのが問題です。

 

 このような傾向が見られたら、一度障害があるかどうかの検査を受けておく必要があります。
 他の子供との違いを観察することが障害を発見する一つの方法です。

 

 次の記事はこちらです。
 自閉症の赤ちゃん!顔つきの特徴とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。