自閉症 特徴 顔

自閉症の人には顔に特徴があるの?

 自閉症の人の顔には特徴があるのでしょうか。

 

 自閉症を抱える者の顔つきには、特徴があるとは断言しづらいところがあります。

 

 一例としては顔全体が薄い印象を受ける、顔のパーツが小さいなどの特徴が指摘できます。

 

スポンサーリンク

 

 また、ハーフやクウォーターではないに限らずに顔の掘りが深かったり、顔の鰓骨が目立つなど様々となります。

 

 しかしながら、一概にはどの顔の特徴が自閉症の人とは、線引きが難しいのが実情です。

 

 自閉症でも一見すると全く他の人と区別が出来ずに、普通に上手く生活されている人もいます。

 

 また、自閉の問題であっても、重い軽いがありますから、その症状の軽さや重さにも気にしたいところとなります。

 

 本当に軽い症状ならば全く分からない、場合によっては、その人によっては性格も普通であり、普通に働いている人もいます。

 

 重度となるとやはり人間関係にトラブルが発生することもありえます。

 

 重度になれば比例して個性や特徴が顕著にあらわれます。

 

 自閉症を抱える人の特徴としては、目の動きなどが顕著にあらわれる場合があります。

 

 自閉症を抱える人の中には相手の目を全く見ない場合があります。

 

 会話はする上に会話も成り立つがやはり人の目を見ないことは、少なからず有り得る様子となります。

 

スポンサーリンク

 

 また、個性が他の人よりも強い傾向がありますから、服装や使用している物も他の人とは違う場合があります。

 

 服装ならば上下の服を黄色で統一させたり、身につけているアクセサリーが驚く形である場合もあります。

 

 個性が強のいは服装や身につけている物、使う物も相手にとっては驚く様子がある場合もあります。

 

 次に行動についてですが、自閉症の人は単独行動を好む傾向があります。

 

 全ての人が該当するとは言いきれないですが、統計的に行動が単独であることは少なくはないのです。

 

 よく集団の集まりの中で一人距離を置いていて、口数も少なく目も見ない人ならば、自閉を抱えている可能性は有り得ますが、断定はできないので注意です。

 

 次の記事はこちらです。
 自閉症の特徴が2ヶ月頃の赤ちゃんに現れる?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。