自閉症 くるくる 回る

自閉症の子供がくるくる回る理由とは?

 

 自閉症の子供は、どうしてくるくる回るのでしょうか。

 

 自閉症になる原因は今のところはっきりとはしていません。

 

スポンサーリンク

 

 しかし、自閉症者が繰り返してしまう動作がいくつかあります。
 それはその場で跳ね回る、つま先立ち、前後に身体を揺する、その場でくるくると回るというものです。

 

 これらは保護者の教育のやり方や環境などが原因ではないため、止めたいと感じてすぐに止められるものではありません。
 頭ごなしに叱りつけたりすると、彼らから反発を受けて、余計にそれが悪化することが珍しくないのです。

 

 では、自閉症の子供とどう向き合えばよいのかと言いますと、彼らはそれをこだわりを持ってやりるので否定しないことです。
 自閉症者の多くが、自分なりのこだわりを持っており、それを他者に否定されると怒ったり、パニックになったりします。

 

 そのため、くるくると回るという動作を繰り返す子供を見かけても、それを止めるのではなく、うまくできているという風に褒めてあげましょう。
 話をするのにしてもそれからです。

 

 自閉症の子供がくるくる回る理由としては、こだわりの他に感覚異常があります。
 彼らは自分の身体の揺れや回転を感じる感覚が鈍いため、刺激が欲しくてそれをやってしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

 そして彼らはその刺激を楽しんでいるため、周りが止めようとすると反発してしまうのです。
 このため、周りができることと言えば、彼らの好意を肯定した上で、転倒防止策をとることとなります。

 

 これは近くにいて、見張るだけでも充分です。
 とにかく彼らがケガをしないように注意しましょう。

 

 彼らの動きをどうしても制約したいのであれば、彼らの行動を褒めた上で、その行動に約束ことを盛り込むようにしましょう。
 これは時間制限などで構いません。

 

 大切なのは無理に押さえ込もうとはせず、コントロールすることです。
 時間が経てば彼らの関心が他に移ることもあるので、それまで気を長くして待つことも大事です。

 

 周囲からの視線などを気にせず、子供の意思を尊重してあげるようにしましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 自閉症児が大人になったらどうなる?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。