自閉症 大人になったら

自閉症児が大人になったらどうなる?

 自閉症児が大人になったらどうなるのでしょうか。

 

 自分の子が自閉症と診断された時、どの親も考えるのが大人になったらどうなるかということではないでしょうか。

 

 小さいうちは親が全面的にサポートしてやれますが、大人になったらそうはいきません。

 

スポンサーリンク

 

 当然ながら、親は高い確率で先に亡くなってしまいます。

 

 そうなったときのことを考えると不安でいっぱいになるという人も多いでしょう。

 

 自閉症の人は、言語機能や認知機能に遅れが見られ、人の気持ちを察したり汲み取ったりすることが苦手です。

 

 知能や身体の発達に遅れがあることも多くあります。

 

 知能に遅れのないアスペルガー症候群という症状である場合もありますが、対人関係を築くのが苦手であることは変わりません。

 

 こうした特徴は社会生活を送るうえでは障害となることも少なくありません。

 

 ですが、昔と比べて自閉症などの発達障害に関する研究は進んできています。

 

 療育とよばれる専門的な教育や訓練を行うことで、社会生活に適応できるようにしていくことは可能です。

 

 そのためには親が正しい知識をもつことが重要です。

 

スポンサーリンク

 

 療育は早期から始めるほど効果的です。

 

 近年では認知度も高くなったため、一歳半検診でその可能性を指摘されることも少なくありません。

 

 そのような場合には、二歳頃にもう一度検診を受けて経過を観察したり、三歳児検診で再度チェックを受けたりします。

 

 自閉症の可能性が高いと診断されれば、専門の療育機関を紹介してもらえます。

 

 早期から療育をすすめれば、普通教育を受け社会に適応していくことも十分可能です。

 

 また、近年ではそうした障害を持つ人の受け入れ先も増加してきています。

 

 自閉症の人には作業の過程がわかりやすく、先の見通しのつきやすい作業が向いています。

 

 また、特性とよばれる本人の特徴を活かして専門職で才能を発揮する人も少なくありません。

 

 大人になったらどうなるのかを気にするよりも、本人の生きやすいように手助けしてやるのが優先事項です。

 

 社会に適応する訓練をつみ、自分の得意なこと不得意なことを把握できるようになれば、どのように働き生きていくかもきっと見えてきます。

 

 悲観的になりすぎる必要はありません。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。