発達障害 原因 妊娠中

発達障害の原因は妊娠中の行動だった?

 発達障害の原因には、妊娠中の行動が関係しているのでしょうか。

 

 発達障害は、先天的な脳の障害であり、遺伝の確率はそれほど高いとはされていません。

 

 しかし、同じような障害を持つ人が家族にいる場合には、そうでない人に比べて障害を持つ確率が高くなると言われています。

 

スポンサーリンク

 

 発達障害の症状としては、コミュニケーションを上手くとることができない、対人関係を築くことが出来ない、強いこだわりがあるなど様々です。

 

 原因がはっきりと解明されているわけではありませんが、一説には妊娠中の環境が影響していると言われています。

 

 特に、妊娠中の喫煙や飲酒は活性酸素が大量に発生すると言われています。

 

 そしてそれが原因で発達障害の子供が生まれると言われています。

 

 活性酸素は、酸素が体内で変換されたものであり、本来は細菌やウイルスを攻撃するものですが、細胞を傷つける作用があるとも言われているものでもあります。

 

 妊娠中に心がけることとしては、妊娠初期に葉酸を摂取するようにするということです。

 

 葉酸を摂取することにより、発達障害のリスクが低下すると言われています。

 

スポンサーリンク

 

 葉酸はサプリメントで摂取するのが一般的ですが、ビタミン類の過剰摂取は奇形のリスクが高まるとされていますので注意が必要です。

 

 身体的な奇形に関しては、妊娠中の検査で判明することもあります。

 

 しかし、身体的には問題のない発達障害に関しては、妊娠中の検査で分かるということはありません。

 

 そのため、障害の兆候が出てくる1歳から3歳までの検診で分かることが多いようです。

 

 検査方法としては、言語の判断、診察所見、心理発達検査などがあります。

 

 検査を受けることにより、障害があることを理解することにより、早期に療育を開始することができます。

 

 早期発見、早期療育をすることにより、子供の負担を減らすことができるとも言われています。

 

 障害があったとしても、社会生活をスムーズに送っていけるようにサポートを受けることも可能になります。 

 

 次の記事はこちらです。
 発達障害の原因は母親の育て方?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。