発達障害 子供 いらない

発達障害の子供はいらない?

スポンサーリンク

 

 発達障害を持っている子供というのは健常な子供と比べると育てにくく、子育てに悩む親もとても多いです。
 場合によっては子供がいらないと思ってしまうこともあるのでしょうが、そのようないらないという気持ちを解決するにはどのような方法があるのでしょうか。

 

 これに関しては、やはり健常な子供のいる家庭であると、どうしても我が子と比べてしまうところがあります。
 そのため、同じ発達障害の子供を持つ家庭と交流を持つと、日ごろの愚痴から何かトラブルがあったときの解決方法などといった発達障害の情報を共有することができるようになります。

 

 やはり発達障害の子を持つ親同士であると共感しあうことのできることがとても多いので、一番の理解者となってくれることもあります。
 発達障害支援センターなどの専門家のいる場所であると、親同士でも交流を持つことができます。

 

スポンサーリンク

 

 それでは、対応しきれなくて、我が子に対していらないなど否定的な感情を持ってしまったときにはどのようにすればよいでしょうか。
 この場合は、まずは専門家などの相談できる人に話を聞いてもらうことがとても大切です。

 

 やはり日常生活を送るだけでも不便が生じてしまい、過度のストレスが溜まってしまうこともあります。
 そのため、自分の考えを否定せずに話を聞いてくれる相談相手を持つことはとても大切です。

 

 また、一日だけリフレッシュとして実家や夫などに預けて離れて過ごすというのも解決策として挙げられます。
 発達障害の子供では、親の言うことを聞かずに行動してしまうことも多いために、それに対する周りの目も親のストレスになってしまうことがあります。

 

 そのような周囲の目線といったストレスからも開放されるので、一度そのように離れて友人と食事やレジャーに行って自分もストレス発散をすることが大切になってきます。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。