発達障害 グレーゾーン 特徴 症状 支援 療育

もしかして発達障害?グレーゾーンの特徴や症状とは?

スポンサーリンク

 

 発達障害のグレーゾーンとは、発達障害の特性を持っているけれども、診断名をつけるまでもなく病名がつくかつかないかの境目にいる状態です。
 普通に生活していても、人とは少し違ったり、知能の遅れはないけれど、社会で適応しにくく生活しずらい面があったりします。

 

 特にグレーゾーンの子供たちは、人に理解されにくく、小さい頃からわがまま、集団行動に馴染めない、強いこだわりがある、集中力がないなどの特徴があります。

 

 発達障害と診断されている子は、早期に病院などで療育やトレーニングを受けることができます。
 しかし、グレーゾーンの子は発達障害の特徴はあるにもかかわらず、発見が遅くなり対処が遅れて、二次障害などの症状を起こすことがありますので要注意です。

 

 社会に適応しにくいので、ストレスとなり精神的な二次障害などの症状が起こります。

 

スポンサーリンク

 

 グレーゾーンの子供達は年々増加しています。
 社会に適応するのが難しいために、不登校やひきこもりになる傾向があります。
 早目に対処することにより、コミュニケーション能力などを養うことが大切です。

 

 発達障害の原因は、脳内物質の伝達の異常だとも言われています。 
 しかし、食生活を見直すことも大切です。

 

 グレーゾーンの子は、強いこだわりや偏食傾向にあります。
 食生活の乱れも症状に大きな影響を与えます。

 

 バランスのとれた食事をするのは必要なのですが、小麦、乳製品はできるだけ控えた方がいいです。
 甘いものも控えましょう。
 食生活を改善することにより症状を良くすることができます。

 

 DHAのサプリもおすすめです。
 DHAは脳内の集中力を高めます。
 摂取することにより、生活しやすくなることがわかっています。
 生活習慣を改善して、食生活を見直し生活しやすい環境を作りましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 大人の広汎性発達障害!その症状と特徴は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。