発達障害 暴力 対処

発達障害者の暴力にはどう対処するのがいい?

スポンサーリンク

 

 最近では、発達障害の記事をよく見かけるようになりました。
 いろいろな研究により、発達障害が認知されるようになり、年々増加しているのが現状です。

 

 発達障害は遺伝などにより、脳内物質の伝達の異常から起こるものです。
 小さい頃に診断を受け早目に対処すれば、社会にも順応できるようになりますが、気付かずにそのまま過ごすことにより、社会に適応することが難しくなり暴力という方法に出ることも珍しくはありません。

 

 自分の感情を抑えきれずに暴力で対処しようとすることがあります。
 特に、思春期には誰もがイライラしたり、反抗したりと自分自身でもどうしたらいいのかわからない状態に陥ります。

 

 そんな思春期に暴力がひどくなり、対処できない状態になり病院を受診したら、実は発達障害だったと診断されることが少なくありません。
 自分の感情を表現するのが難しいことから暴力という方法になってしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

 では、発達障害者の暴力にはどう対処するのがいいのでしょうか。
 まずは、発達障害の人が暴力をふるってしまう原因を探ることが大切です。

 

 その原因はどこからくるのでしょうか。
 本人に聞いても、自分の感情を表現するのが難しいので、原因がわからない場合があります。
 暴れる原因は、どんな時なのか、何をした時か等を把握してその原因を解明することが大切です。

 

 発達障害の人では、自分の感情をコントロールするのが難しいので暴れてしまうのです。
 暴れた後は、ケロッとしていることも珍しくありません。
 別人になったように機嫌が良くなることもあります。

 

 対処の方法としては、感情のコントロールや自分の気持ちの表現を学ぶトレーニングを受けることをおすすめします。
 子供から青年くらいまでは、療育というトレーニングがあります。 
 個人療法や集団療法などがあります。

 

 大人の方にも、社会に適応できるようなトレーニングがあります。
 時間はかかりますが、トレーニングを積んで社会に適応できる住みやすい生活が送れます。

 

 次の記事はこちらです。
 発達障害者同士の恋愛や結婚は大丈夫なのか?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。