発達障害 同士 恋愛 結婚

発達障害者同士の恋愛や結婚は大丈夫なのか?

 発達障害者同士の恋愛や結婚は大丈夫なのでしょうか。

 

 発達障害の人は警戒心が少なく人を信じやすいため、恋愛や結婚の回数が多くなる傾向があります。

 

スポンサーリンク

 

 外国人や違う文化や宗教の人であっても物怖じしないため国際結婚をする人も多いです。

 

 そして、発達障害同士の恋愛や結婚に多いのが二人とも診断を受けていなかったというタイプです。

 

 結婚適齢期の20歳から40歳ぐらいの男女が幼少期だったころ、日本は今ほど発達障害を教育の場でも社会的にも認識されておらずそのまま社会に出た人が多いためです。

 

 発達障害同士が結婚する場合、お互いの気分や傾向が予想できるため惹かれあい恋愛が成就するパターンが多いように見受けられます。

 

 本人同士はとても楽しい生活になりますが、気がつかないまま生活を送ると金銭面や生活面で苦労することが多いです。

 

 飛びぬけた才能などを活かして専門職についていると秘書や家政婦がいるため、その苦労をしないこともあります。

 

 恋愛は波乱万丈です。

 

 一目ぼれや、ある日突然の別れがあります。

 

スポンサーリンク

 

 情熱的な恋愛傾向になりがちです。

 

 このため、日常を送る夫婦という形態に向いていないです。

 

 しかしまわりと同じような夫婦の形態にとらわれなければとてもうまくいくカップルです。

 

 お互いに個性が強く自由な特徴をもっているので相手のことを縛ることもありません。

 

 発達障害同士ではないカップルの場合、指導監督するのが好きなタイプや世話好きなタイプとうまくいくことが多いように見受けられます。

 

 片付けや時間にルーズな相手をしっかりと見守り、かまってあげられる余裕のある年上や精神年齢が高いタイプとうまくいくことが多いようです。

 

 人一倍ややこしく複雑にしてしまいがちな人間関係などを取り持ってくれる人、コミュニケーションスキルが高い人と相思相愛になれたのならば、一生離さないことが賢明です。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。