自閉症 特徴 4歳 5歳

4歳や5歳の自閉症児!その特徴は?

 4歳や5歳の自閉症児には、どのような特徴があるのでしょうか。

 

 我が子を出産することによって、暮らしている地域が定める定期検査を受ける必要がありますが、1歳6ヶ月検診で発語の有無の確認や簡単な能力検査を受けることによって、発達障害の可能性を発見することができる可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

 自閉症の子供は検診中に大人しく椅子に座ることができなかったり、癇癪が非常に酷く検査を受けることができなかったり子供により多種多様の症状が特徴ですが、2歳の年齢を一つの目安に何らかの症状が現れる子供が非常に多くなっています。

 

 言葉の発語が非常に遅く3歳の年齢を迎えることによって、言葉の意味をしっかりと自分自身で理解することができたり、子供がある日を堺に突然流暢に話すことができるようになったりする可能性があるため、決定的な自閉症の診断名が専門医から告げられるのは、3歳の年齢を迎える前後の時期です。

 

 比較的低年齢の間は経過観測になることが非常に多く、療育施設や専門機関でトレーニングを行うことによって子供自身の能力を高めることが可能ですが、4歳や5歳の年齢を迎えると通常発達の子供たちと比べ差が歴然とするため、必要とされるトレーニングを行いながら大人の助けを借り生活する必要があります。

 

スポンサーリンク

 

 自閉症の子供は話す言葉の意味を自分自身で理解することが非常に難しく、自分の目で見る世界を中心に理解できることが多いため、4歳や5歳ぐらいの年齢の子供にはゆっくりと分かりやすい言語で話すことが大切です。

 

 人の言葉や相手の心情を理解することが難しいことが自閉症の特徴ですが、日々を過ごす上で自分でできることが多くなってくるため、子供に対し達成感を与えてあげることができるように、忍耐強く子供と向き合ってあげることが自閉症の子供の成長を伸ばす一つの方法です。

 

 

 次の記事はこちらです。
 子供が自閉症かどうかをチェックしましょう!

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。